ダイヤによる買取金額の変動

Diamond Navi

ダイヤのアクセサリーの正しい保管方法とは?

ダイヤのアクセサリーの正しい保管方法とは? ダイヤモンドアクセサリーを保管するときに、めんどうくさいからといって、決まったところにきちんと保管せず、無造作に引き出しなどに入れてしまうと、せっかくの輝きが損なわれてしまう場合があるので注意が必要です。
ダイヤモンドは世界一硬い鉱物として有名ですが、ダイヤモンド同士がこすれてしまうと、表面に傷がついたり、削れてしまったりすることがあります。
そうすると、石の内部で反射した光が、傷や削れによって乱反射してしまい、その結果輝きによくない影響を及ぼしてしまうのです。
また、ほかのルビーやパールなどの宝石が一緒に入っていると、硬いダイヤモンドによって傷つけられてしまうので、それぞれが触れないようにしなければいけません。
キラキラとした本来の石の輝きを発してほしいのであれば、保管方法をおろそかにしないようにしましょう。できれば、専用のジュエリーケースなどにきちんとしまって、大切に保管するのが一番いい方法なのです。

本物のダイヤかどうか見分ける方法とは?

本物のダイヤかどうか見分ける方法とは? ダイヤが本物かどうかはいくつかのテストで見分けることができます。スクラッチテストでダイヤをガラスに擦りあわせてみれば、本物ならば非常に硬い性質を持つのでガラスが傷つきます。
宝石学者の間で定番なのは、屈折率テストです。このテストではダイヤ越しに下に敷いた新聞紙の文字がルーペで見られるかを確認します。
屈折率により文字が見えないものが本物です。キュービックジルコニアのような偽物だと、ぼやけはいますが何らかの文字が書かれていることが分かります。
熱を逃がす性質を利用して息を吹きかける方法でも見分けが付きます。偽物は本物と比べて息を吹きかけた後で曇っている時間が長いです。
3秒~4秒くらい経たないとで曇りが取れないのは偽物です。ブラックライトが自宅にある場合は、青くぼんやりと光ることで本物だと判断できます。
ブラックライトはインターネット通販でも入手することができ、価格もおよそ500円とリーズナブルです。